Accessによるデータベースソフト開発のジュビロシステム

Access、SQL Serverを中心とした顧客管理・会員管理・販売管理などの各種業務システム開発・保守のジュビロシステムの新着情報など

顧客管理システムの顧客へPDF添付メールの自動配信

お客様がお使いの顧客管理システムや会員管理システムなどの業務システムの顧客や会員に対して、メール自動送信システム構築のご相談が多くなっています。

弊社では様々な分野のお客様向がお使いの業務管理システムとメールシステムを連携して、メールの自動送信と受信メールのデータベースへの自動取り込みする機能開発の実績があります。

最近のじれいといたしましては、顧客管理システムで選択した顧客へPDF添付メールの自動配信のご要望をいただきました。

業務管理システムとメールシステムの連携をご検討中のお客様、お気軽に弊社へご相談ください。数多くのシステム開発経験のある技術者が、お客様の業務分析を行い、御社にぴったりのシステムを開発させていただきます。
株式会社ジュビロシステム Tel:03-5302-6077
>>お問合せフォーム
メール・データベース連携
[メール] 顧客等の特定の対象者に、メールを一括で送信したい。
Accessで管理している会員へOutlook経由で画像添付メールを一斉送信したい



Accessで開発したシステムをSQL Serverにアップサイジング データ破損や応答性の改善

Accessで開発したシステムをご利用中のお客様から、「複数人で利用したらハングアップした」、「システムをより多くの人数で利用したい」、「パフォーマンスを向上させたい」、「セキュリティを高めたい」などのお問合わせをたびたび頂戴いたします。

これらの問題点を解決する為には、Accessで開発したシステムをデータベース部クライアント部に分割し、データベース部分をSQL Serverにアップサイジングすることで解決出来ます。
システムのパフォーマンス、安定性、セキュリティーの向上を図ることが出来ます。

また、 AWS(Amazon Web Services)やMicrosoft Azureなどを利用したクラウド化による、自社での サーバー管理コスト削減の手法もございます。

最近の事例といたしましては、Accessで社内開発したデータ管理システムを同時利用するとデータベースが破損する、応答が遅いなどでお困りのお客様からご相談をいただきました。

弊社では、お客様のご利用中のシステムを分析させていただき、費用・開発期間の両面から最適な移行プランの提案をさせていただきます。

アップサイジングの詳細に関しては
>>AccessからSQLServerへのアップサイジングのメリット
>>AWS(Amazon Web Services)を用いたアップサイジング

>>システム開発事例

桐で構築したデータ管理システムをAccessへ移行

弊社では、お客様でお使いの桐、ファイルメーカー、Oracle、Lotus1-2-3(ロータス1-2-3)などのデータベースシステムで開発した既存システムを、Access+SQL Serverのデータベースシステムへ移行業務の実績が多く、お客様にご満足いただいています。
>>他社システムからの移行|お客様導入事例一覧

最近の事例としては、桐で構築したデータ管理システムを運用中で、サポート打ち切りでお困りのお客様からAccessへの移行のご相談をいただきました。

弊社では、データベースシステム開発経験豊富な技術者が、お客様のご利用中のシステムを分析させていただき、費用・開発期間の両面から最適な移行プランの提案をさせていただきます。

ご利用中の桐、ファイルメーカー、Oracle、Lotus1-2-3(ロータス1-2-3)などで開発した顧客管理、受注管理、販売管理、在庫管理などの各種業務システムで、開発した担当者が退職した、システム保守が打ち切られた、開発業者の対応に不満、拡張・保守料金が高いなど、機能追加やメンテナンスでお困りではありませんか?

お気軽に弊社にご相談ください。
株式会社ジュビロシステム Tel:03-5302-6077
>>お問合せフォーム


(1)ExcelからAccessへ移行
(2)桐からAccessへ移行
(3)FileMakerからAccessへ移行
(4)OracleからAccessへ移行
他のツールからの移行例

海外の工場での受注業務をEXCELファイルからAccessのデータベースシステムへ

弊社ではEXCELの表データを複数人でファイルを共有する形で各種の業務管理を行っていて、データ更新の問題などでお困りのお客様から多数のお問合せをいただき、Accessを用いたデータベースシステム化の実績が多数ございます。

EXCELデータでの業務管理は簡単ですが、お一人でのご利用時には問題がありませんが、複数人で利用した場合には、同時修正時のトラブル、データサイズが大きくなって来た場合のレスポンス低下などの支障を来すケースが多く見うけられます。

EXCELとの親和性の良いAccessでデータベースシステムへ移行することにより、レスポンスの向上、信頼性アップ、複数人での同時編集、各種帳票出力などの多数のメリットがあります。

最近の事例といたしましては、海外の工場での受注業務をEXCELファイルで行っているお客様からご相談をいただきました。

EXCELで作成したシステムで各種業務管理を行っていて不満をお持ちのお客様、ぜひ弊社へご相談ください。
開発経験豊富な技術者がお客様に最適のシステム提案をさせていただきます。

株式会社ジュビロシステム Tel:03-5302-6077
>>お問合せフォーム

ExcelからAccessへ移行

他ツールからAccessへの移行

データベース開発で24年の実績の弊社では数多くのシステム開発経験のある技術者が、お客様の業務に最適のシステムを開発させていただき、多くのお客様にご満足頂いています。

>>システム開発事例一覧
>>お客様導入事例一覧
>>お客様からの喜びの声
>>データベースシステム開発における、ご要望やお問合せ一覧

学会や業界団体など、各種の会員管理システムの開発はジュビロシステムへ

弊社では様々な分野のお客様向けに、会員管理システムの開発実績がございます。

一口に会員管理業務システムと言っても、学会や業界団体の加盟企業管理など、それぞれの業界により、管理するデータ項目や、帳票、分析などのニーズに違いがあります。

弊社では数多くの会員管理システム開発経験のある技術者が、お客様の業務分析を行い、御社にぴったりのシステムを開発させていただきます。

会員管理システムの構築をご検討中のお客様、お気軽に弊社へご相談ください。
株式会社ジュビロシステム Tel:03-5302-6077
>>お問合せフォーム

システム開発事例
カルチャセンター業務支援システム
スポーツクラブ会員管理システム
学習塾業務支援システム
治験者データ管理システム
その他のシステム開発事例>システム開発事例一覧


お客様導入事例
株式会社日本小児医事出版社 様 【学会 会員管理システム】
ロザフィ合同会社様  【生徒管理システム】
その他のお客様導入事例>>お客様導入事例一覧

QRコード
QRコード